建築から技術へ

それはおそらくアイデア、情熱、または事故から始まります。

しかし今回は発明で終わりました。

Visual organizer

私の初期のトレーニングは建築であり、それは私が世界中を旅し、あらゆるサイズと類型の建物を設計することを可能にしたキャリアです。私は本質的にデザイナーであり、充実した旅でしたが、常にテクノロジーのための「もの」を持っていました。 DOSの時代に育った私は、兄のコンピューターのハードドライブを誤ってフォーマットしたことで、PCに慣れてきた初期の思い出を覚えています。

私は技術が好きですが、私は非常にローテクのままであり、私のこのアナログ部分はInclrの開発において重要であると思います-迅速かつ一時的ではなく、むしろ心とゆっくりとしたペースで歩きます。

2015年に、私はiOSコードをいじり始めました。アーキテクチャがますますデジタル化する様子を見て、スクリプトで何ができるかに興味を持ちました。 2015年の終わりまでに、私はコーディングの1つの側面が好きだと気づきました。どういうわけか、コーディングは日常生活から離れた静かな「別の世界」にいるように瞑想的に感じました。ある意味で、コーディングは私がアーキテクチャを設計するときと同様のゾーンでした。私は毎晩、そして昼休みごとにコーディングをしていました。

ある日、私は円形メニューを作成しました。当時作成していたデザインニュースアプリのナビゲーションメニューとして意図されていました。 「円は面白い形です。点と半径によって定義されるという点で一次元。建築的には難しい囲い込みですが、もし私がそれに命を吹き込んだらどうなるでしょうか?」そして私が人生を意味するとき、私は人生、情報、空間、感覚、自由からなるすべてを意味しました。すべてがインタラクティブなパッケージにバンドルされている場合、それは私たちが現在持っているものよりも優れたLifeを表し、検索エンジンを備えた単一のデータポイントになります。これは、Inclrが生まれた瞬間です。

life planner
digital notes

データは通常、私たちが今日の世界に関連付けるものです。建築から借りた用語であるフォームは、デザインの目に見える現れです。テクノロジーの世界では、これはUIとアイコンである可能性があります。しかし、少し考えて、アートの長い歴史とUIの短い歴史を比較してください。フォームと機能(データ)については、現在のUI / UX理論で探求できるよりもはるかに多くの理論があります。

 

|  データ+フォーム=感情

すべてのデザインはこの方程式で遊んでいます-関数(データ)と組み合わされたフォームは感情的な反応を違法にします。感情は、それを十分に長く保つと知識になり、うまくいけば知恵になります。これにより、最終的には自己または自己アイデンティティの感覚が増します。

|  感情+データ=自己感覚

情報の過負荷を経験したことがありますか?データが退屈な方法で構造化されているため、おそらくこの新しい現象が発生します。それは形や視覚的または感情的な論理がありません。フォームがfunction(data)で再生される方法は、「このデータを楽しむことは想定されていません。退屈なことを忘れてください」と述べています。より良い形式で、消費可能なデータはより口当たりが良く、より記憶に残るようになり、より長期的な記憶の手がかりに対してより効果的な刺激を提供します。 

Inclrは、設計された形式のデータです。それは単なる循環メニューではありません。これは、システム全体で焼き付けられた設計理念です。さらに一歩進んで、空間データを追加しました。どうして?明日のためのサイバースペースのより美しいビジョンを作成するための最初のステップ。

graphic organizer

私の長年のお気に入りのアニメである攻殻機動隊は、視覚的なネットワーク、最終的にはインターネットが空間サイバースペースに進化する様子を描いています。私が提案するのは、直感、グラフィック、空間、筋肉の記憶を通して感情的で理にかなっているデジタル世界のバージョンです。広告や企業が運営するサイバースペースではありません。美しく構築された世界、一般の人々と一般の人々によって作られた都市、覚えておく価値のある場所を体験するための都市インフラストラクチャを提供するデータの世界。そのウィリアムギブソンを取る...

 

 

Inclrの起源とその概念についてもっと知りたい場合は、次のリンクを参照してください。

ChuckFreyのInclrのインタビュー Mindmappingソフトウェアブログ

Inclrリンクの米国特許 ここ

Inclrリンクの中国特許 ここ

Inclrがどのように作成されたかについての私のスピーチ ぺちゃくちゃスピーチ。